• ホーム > 
  • インビザラインの流れ

インビザライン(マウスピース矯正)診察の流れ

インビザライン体験レポート

渋谷駅から徒歩3分の歯医者「渋谷矯正マウスピースセンター」で行う、インビザライン治療の流れについて解説いたします。治療をご検討の方は、参考にしていただけましたら幸いです。治療のフローについてご不明点などがありましたら、どうぞお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

まずは無料相談をご利用ください

まずは無料相談をご利用ください

歯並びのチェックや治療期間・費用の目安についてご説明いたします。時間は約30~60分を予定していますので、ご不明点などはどうぞお気軽にご相談ください。

精密検査の実施

精密検査の実施

精密検査を実施し、レントゲン撮影や写真撮影を行います。検査結果をもとに、それぞれの患者さんに合わせた治療計画・方針を決定いたします。

歯型のスキャナー

歯型のスキャナー

iTeroというスキャナーで口腔内の歯型のデータを取ります。こちらは従来よりも精度の高いデータが取ることができ、より患者さんのお口に合った装置を作製することが可能です。
取ったデータはパソコン上で3D画像で確認することができます。

iTeroの詳細はこちら≫

虫歯や歯周病のチェックと治療

虫歯や歯周病のチェックと治療

矯正治療を行う前に、まずは虫歯や歯周病などの治療を行います。お口の中が健康でない状態で、マウスピースは装着できないため、しっかりと治しましょう。この際、ブラッシング指導も行います。また、抜歯は極力行わないよう努めております。

詳細な治療計画を立てます

詳細な治療計画を立てます

精密検査の結果をもとに、クリンチェックというアプリケーションを使って治療の開始から完了までの歯の動きをシミュレーションし、視覚的に確認していきます。治療計画にご納得いただいた後、治療に必要な期間と料金についてお伝えいたします。

オリジナルのインビザライン発注

オリジナルのインビザライン発注

当院で歯型やレントゲン写真、治療計画などをインビザラインの設計・製造・販売会社である米国アライン社に郵送し、患者さん一人ひとりに合わせたオリジナルのマウスピース(アライナー)の制作依頼をします。治療に必要なマウスピースは一度に作られ(平均で36~48個)、パッケージ化の後、箱詰めされて日本に送られてきます。

治療スタート

治療スタート

いよいよマウスピースを装着し、治療を開始します。はじめの期間については約1ヶ月の間隔で通院していただき、調整などを行います。その後、各治療段階に合わせて、歯科医の指示に従いながら2週間に1度のペースで付け替えを行います。通常は約2~3年で治療は完了します。

※治療中の注意点※

  • マウスピースは1日20時間以上装着してください
  • 食事や歯磨きの際には外すようにしましょう
治療完了後は保定期間へ

治療完了後は保定期間へ

舌の癖などで歯並びが元に戻ってしまうこと(後戻り)がありますので、これを防ぐために約1~3年はリテーナーと呼ばれる保定装置を付けていただきます。同時に2~6ヶ月に1度のペースで通院していただき、噛み合わせなどのチェックを行います。
もし後戻りしてしまった場合にはインビザライン・ライトやインビザライン・i7といったプチ矯正をご検討ください。

渋谷でインビザラインなら「渋谷矯正マウスピースセンター」 よくあるご質問と回答はこちらから